【釣行データ】2017年03月04日(土):日川

<釣行基礎データ>

釣行月日:2017年03月04日(土)
対象河川:日川(山梨県甲州市大和町)
管理漁協:峡東漁業協同組合
入漁券代:800円(前売り)

参加会員:ドングリ、ヒレピン子、ジーザス、ブッタ
釣り手段:エサ釣り、フライフィッシング
所要時間:往路~約80分 <調布IC→大月IC>+約30分<R20を勝沼方面に向かい笹子トンネルを抜けた先の景徳院入り口を右折>

天候水温:晴れ 水温4度前後
昼食献立:塩ちゃんこ鍋(締めにラーメン)
帰途入浴:なし
帰途夕食:ジョナサン(三鷹井口店) 続きを読む 【釣行データ】2017年03月04日(土):日川

“思惑通り”の嬉しさ

ううむ。まずい展開だなぁ。入渓してすぐに先行者に遭遇したり、さらには話に捕まって2030分ほどロスしたりと、自分のペースをつかめないままの釣りが続いておりました。917日の土曜日に、メンバー3人で日川に出かけた時のことです。午前の部は、一度だけアワセ切れがあったぐらいで、魚の反応をろくに感じられぬままタイムアップとなりました。前半戦は”…先行きが案じられます。 続きを読む “思惑通り”の嬉しさ

【釣行データ】2016年09月17日(土):日川

<釣行基礎データ>

釣行月日:2016年09月17日(土)
対象河川:日川(山梨県甲州市大和町)
入漁券代:800円(前売り)
参加会員:ドングリ、ヒレピン子、ジーザス
釣り手段:エサ釣り、フライフィッシング
所要時間:往路~約80分 <調布IC→大月C>+約30分<R20を勝沼方面に向かい笹子トンネルを抜けた先の景徳院入り口を右折>
天候水温:曇り 時々 晴れ 水温17度前後
昼食献立:ラザニア
帰途入浴:なし
帰途夕食:江川亭(三鷹大沢店)

続きを読む 【釣行データ】2016年09月17日(土):日川

釈然としない日川の釣りとは。

久しぶりの日川への釣行でした。
天気もまぁまぁ良く、朝の車内では「つりビット」も聞くことができ、しかも行き先はハズレの無い日川です。悪い一日になろうはずも無かったのですが。

いや、釣れたか釣れてないかと言えば釣れたのです。
21cmのイワナちゃん、24cmのアマゴちゃんが連れてくれました。
この時期恒例のビチビチくんたちを合わせればつ抜けもしております。その点に於いては満足です。不満であろうはずもない。
しかし、なんだか釈然としない。何故だろう。 続きを読む 釈然としない日川の釣りとは。

【釣行データ】2016年05月14日(土):日川

<釣行基礎データ>

釣行月日:20160514()
対象河川:日川(山梨県甲州市大和町)
所要時間:往路~約70分 <調布IC勝沼IC>+約20分<R20を東京方面に少し戻って景徳院入り口を左折>
天候気温:晴れ 水温12度前後

参加会員:ドングリ、ヒレピン子、ジーザス、ブッダ
釣り手段:エサ釣り、フライフィッシング
入漁券代:800円(前売り)

昼食献立:チキンカレー
帰途入浴:なし
帰途夕食:ジャスミン亭(調布市) 続きを読む 【釣行データ】2016年05月14日(土):日川

恒例の早春日川もうで

ちょっと時間が経ちましたが、320日の日曜日に日川に行ってきました。カレンダーでは3連休。もっとも、土曜日にもみっちり仕事が埋まってしまい、ゆっくりと準備する余裕もないままの釣行でありました。

調布ICに乗った段階ではぱっとしない空模様。途中、間欠ワイパーでは間に合わないほどの雨も降り出してどうなることかと思ったけれど、笹子トンネルを抜けるとすっかり晴れ渡って一安心です。 続きを読む 恒例の早春日川もうで

【釣行データ】2016年03月20日(日):日川

<釣行基礎データ>

釣行月日:2016年03月20日(日)
対象河川:日川(山梨県甲州市大和町)
入漁券代:800円(前売り)
天候気温:晴れ 気温水温=計測せず

参加会員:ドングリ、ヒレピン子、ジーザス

釣り手段:エサ釣り、フライフィッシング
昼食献立:水炊き
所要時間:往路~約70分 <調布IC→勝沼IC>+約20分<R20を東京方面に少し戻って景徳院入り口を左折>

帰途入浴:なし
帰途夕食:ジャスミン亭(調布市) 続きを読む 【釣行データ】2016年03月20日(日):日川

今更ながら仕掛けを変えてみた。(0.3号通し仕掛けの使い心地とは?)

第1回:今更ながら仕掛けを変えてみた。(何故針を結ぶことにしたのか)
第2回:今更ながら仕掛けを変えてみた。(では針を結びましょう)

さて、いくらか苦労しながらも思っていた程難しくはなかった針結び。大きな魚に対応できるか若干の不安を残しつつも、なんとか数を揃えることも出来ました。ちょうちん用の短い仕掛けなので、今回は結び目の少ないいわゆる「通し仕掛け」です。
通し仕掛けは、針から竿の穂先までの間に余計な結び目の無いのが特徴であり利点です。
結び目が無いということは水中での抵抗の受け方も(厳密に言えば)変わるはずですね。今回仕掛けを変えるに至った主旨、「自然に仕掛けを流す」ことにはある程度の貢献をしてくれるかもしれません。期待しましょう。
もう一点、余計な結び目が無いということは仕掛け全体の強度が上がるということであり、大きくて元気な魚を釣り上げた時(釣れればね)などにはその威力を発揮します。ちなみに、今までの仕掛けでも根掛かりの時くらいしか切れたことは無いんですがね。
では、この仕掛けでいざ日川へ。
続きを読む 今更ながら仕掛けを変えてみた。(0.3号通し仕掛けの使い心地とは?)

ラスト釣行で痛感した反省点

また、やってしまった…。アプローチにもキャスティングにも気を遣って、思惑通りに掛けた1匹。しかし、その直後の身のこなしが緩慢で、まんまと逃してしまったのです。9月27日の日川釣行。入渓早々にアマゴをかけ、さらにサイズアップを期待して2匹目を狙っていた時の出来事でした。

落ち込みから続く筋にエルクヘアカディスを浮かべ、底石が入った流れ出しに差し掛かった所で上がった大きな飛沫。アワセが効いて、グイグイ引っ張られる感触がロッドから伝わってきます。これは久々の大ものと心躍らせて引き寄せる矢先、一直線に張っていたはずのリーダーティペットが目の前で弾け、フライだけが宙に舞いました。 続きを読む ラスト釣行で痛感した反省点

今年最後の釣行でしたよ。

今年は諸々の事情により、最後の釣行は日曜日の日川になりました。
「日曜なら行けるよ」と言っていたブッダに合わせての設定に当の本人が来られないという些か残念な感じではありましたが、ともかく今季最後の釣行です。感慨深いものがありつつも気合いは充分、新しい仕掛けも用意して臨んだのですが、天気はパッとしない感じで今ひとつ。一抹の不安を覚えつつ日川へ向かいます。
続きを読む 今年最後の釣行でしたよ。