快適インナー

夏まっさかり…と言いたいところだけど、連日、冴えない天気が続いております。じっとりと湿度が高い中で、雲が切れて気温が上がる中で、時には通り雨もやってくる中で釣りに集中するには、身に付けるもの、とりわけインナーウェアには気を遣います。汗や雨などの水分が体にまとわりつくのは不快ですからね。

登山における低体温症予防のように神経質になる必要もないでしょうが、山あいでは天気がコロコロ変わることが珍しくないだけに、“アウトドア仕様”のものをチョイスするのが無難なのかもしれません。昨今は素材開発が進んで高性能なものが多く、汗処理の調整がしやすいレイヤリングを前提に様々なタイプのものが店頭に並んでいます。 続きを読む 快適インナー

竿掛けのDIY

川に到着して準備をする時、ランチで小休止の時、釣りを終えて帰り支度の時…。ロッドを一時的にクルマに立てかけておくことがあります。が、バランスを崩して倒れるなんてこともしばしば。それに気が付かずに踏んづけてロッドをへし折るなんてことがあったら目も当てられません。クルマを大事にしている人の中には、スネークガイドによる細かい擦り傷がボディに付くことを懸念する声もあるんだとか。

粗忽者のワタクシが、そんなトラブルを避けるのに役立ちそうだなぁと思っていたのが、C&F DESIGNのロッドスタンド「CFA-80」。マグネットで車体に貼り付け、フォーム材にあしらわれたスリットにロッドをセットしておけば、ひとまず安定するっていう製品です。 続きを読む 竿掛けのDIY

ホームセンターでの見っけもの

身体がなにがしかのダメージを受けた後の回復力、治癒力が衰えてきたような気がする今日この頃。鶴川でこけた際の左手首の捻挫や右膝の打撲は、今日の時点でもなかなか良くなりません。特に右膝はまだ腫れていて、患部の表面に触れただけで痛みが走るし、何かの拍子にぶつけたもんなら悶絶必至です。

この状況で釣りに出かけるのは思いのほか厄介。タイツを履く時などに膝に擦れないように気を遣うし、ウェーダー着用後もうっかり岩に当てないよう細心の注意が必要です。結果、どことなく動きがこじんまりしてしまうのです(釣りそのものを自重せよという説もありますが…)。 続きを読む ホームセンターでの見っけもの

ツルツルの鶴川

土曜日に鶴川に行ってきました。と言っても、私が前日からの仕事を引きずって朝からは動けず、午後からの出発という変則パターン。ジーザスとヒレピン子といつもの駅で合流し、調布インターから中央自動車道に乗ったのは13時のことでした。

それでも、渋滞がなければ上野原インターまではあっという間です。デイリーヤマザキで日釣券を買い求めて鶴川の中上流部へ向かい、とあるポイントに到着したのは14時前のことでした。そそくさと準備し、17時までの短時間勝負がスタート! 続きを読む ツルツルの鶴川

フライストックに勤しんだ週末

関東甲信越が梅雨明けしてすぐの週末。いかにも夏到来!ってな天候で川に出かけたい気持ちはやまやまだったのですが、両日ともにヤボ用が重なって釣行はかないませんでした。

しょうがないので、ちょっとした自由時間はせっせとタイイングです。毎度のEHCを筆頭に、ライツロイヤルやパラアントなど、自分にとって欠かせない夏パターンを巻きためました。 続きを読む フライストックに勤しんだ週末

一番乗りパラダイス

4月16日の土曜日、午後には都内で野暮用があったので、またしても早朝からの半日限定釣行に出掛けてきました。メンバーには申し訳ないと思いつつも、朝3時過ぎにパッチリ目覚めたので単独行を決断した次第です。目指すは、毎度ながらの鶴川。どこか新規開拓したい気持ちもあったのですが、駐車スペースや入渓点を探すのに時間をロスするのがもったいないので、今回は止めておきました。 続きを読む 一番乗りパラダイス

クルマを巡るプラマイゼロ

今シーズンの半ばから、家人名義のクルマが釣行の足となったことを以前のエントリーに書きました

釣りに出かける時は全席の足元にラバーマットを敷いたり、帰宅した翌日には必ずピカピカに洗車したりと、それなりに気を遣っております。平日、家人は基本的にクルマで仕事に出かけるので、ドロ汚れで印象悪くして貸出禁止になると困りますからね。 続きを読む クルマを巡るプラマイゼロ

ラスト釣行で痛感した反省点

また、やってしまった…。アプローチにもキャスティングにも気を遣って、思惑通りに掛けた1匹。しかし、その直後の身のこなしが緩慢で、まんまと逃してしまったのです。9月27日の日川釣行。入渓早々にアマゴをかけ、さらにサイズアップを期待して2匹目を狙っていた時の出来事でした。

落ち込みから続く筋にエルクヘアカディスを浮かべ、底石が入った流れ出しに差し掛かった所で上がった大きな飛沫。アワセが効いて、グイグイ引っ張られる感触がロッドから伝わってきます。これは久々の大ものと心躍らせて引き寄せる矢先、一直線に張っていたはずのリーダーティペットが目の前で弾け、フライだけが宙に舞いました。 続きを読む ラスト釣行で痛感した反省点

晩夏のアウトサイダー

落ち込みに続くプールには、2本の流れの筋。その間にできた緩流帯にエルクヘアカディスを落とすと、下から黒い影が浮上してきて躊躇なく吸い込みました。すかさず合わせると小気味よい引きです。やっと釣れた! 朝から極小ヤマメばかりだったので、そこそこのサイズを思わせる竿のしなりに安堵しつつ、ここでバラしちゃいかんと気を引き締めます。 続きを読む 晩夏のアウトサイダー

GoProでのランディングシーン撮影その後

古いOrvisのランディングネットに、GoProを取り付ける細工を施したことを先日書きました。それを手に、釣りに臨んだのは5月30日のことです。

前回、インスタネット+GoProで釣果のコマ撮り撮影を試みた時、結果の画像を見て、もう少しネットを俯瞰するようなアングルにできないかなぁと感じました。そこで、REC-MOUNTSの延長アダプタ(75mm)を入手。ベースマウントとGoPro本体の間にかませ、気持ちだけグリップから離れた位置にセットできるようにしました。通常時はエンド方向に倒しておくことで、岩や木にぶつけるリスクを緩和できるかな。 続きを読む GoProでのランディングシーン撮影その後