ワックスコットンの帽子

5年ほど前だったでしょうか。釣り雑誌(Fly Roddersだったかな?)の新製品コーナーに小さく出ていたのを見て興味を覚え、早々に手に入れたハンチングキャップがありました。とても気に入って愛用していたのですが、昨年の秋頃にから何故か見当たらないのです。

部屋の大規模な模様替えの際にどこかにしまい込んでしまったのか、それとも出かけた先に忘れてきてしまったのか…。他にも帽子はたくさんあるんだけど、愛着があっただけに寂しさがぬぐえません。

それは「Tramp Wax Driver Cap」というハンチング。新潟県三条市に本拠を構え、フィッシングギアやアウトドア用品の輸入/卸売、メガネフレームの製造/輸入/卸売など、幅広く事業を手がけているE&E Ltd.さんが企画した商品です。

ワックスコットン5枚接ぎのTramp Wax Driver Cap

ちなみに同社の社長さんは日本に根を下ろした外国の方で、アウトドア派らしい。こだわり溢れた独特な商品を扱っているので興味ある方は以下をどうぞ。

でもって件のハンチングは、米Martin Dyeing and Finishing Co.社のワックスコットン「MARTEXIN」を使った5枚接ぎデザインで、製造については“メイド・イン・ジャパン”です。ツバはやや長めで裏面が黒という仕様は、水面などの乱反射を抑えるための配慮かな。水弾きのよい素材とも相まって、釣りにはピッタリなのでありました。

生地はMartin Dyeing and Finishing Co.社の「MARTEXIN」

どうしても未練が残り、もしまだ流通しているなら再入手しようと、あちこちのネットショップを探してみたのですが、いずこも「Sold Out」の表示ばかり。やむなくE&Eさんに直接尋ねてみると、ほとんど完売であるものの、スレートという色のモデルなら僅かに在庫ありとの返事がありました。

ラッキー! ただちに注文し、数日後には自宅に配送となりました。最後までご丁寧に対応くださったスタッフさまには感謝です。以前所有していた薄いグリーン系とはまた違った落ち着いた色合いで満足なり。再び紛失することのないよう大事にしようっと。ついでにメンテナンス用の「MARTEXIN ORIGINAL WAX」も買っておこうかな。

裏から覗くとこんな感じ。あまり見ないカッティングのような…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です