メッシュベスト

暑い季節の釣りにと思って手に入れたG4 Pro Hip Packだったのですが、どこかしっくり来ません。フライボックスやらレインウェアやらを詰め込んだ際の重量感と、私の体格や筋力とのバランスが合わないのかな。ショルダーストラップが当たる首回りが凝るし、動きもどこかギクシャクしちゃいがちです。あと、ランディングネットを装着する場所も迷い中…。

まぁ、単に使い慣れていないということでしょう。腰まわりのフィッティングを微調整したり、場数を踏んでグッズの収納位置を工夫したりするうちに、取り回しに馴染んでくるんじゃなかろうか。ってなことを考えつつも、いざ出かける段になると、ついつい古いベストに手が伸びてしまう今日この頃なのでありました。で、現場では「もう少し涼やかにならんものか」との独り言が口を突くのです。 続きを読む メッシュベスト

シーズン’16の釣行スタイル

幾つかのフライケースや、その他もろもろのグッズを携行するのに、ここ数年はPatagoniaのスリングパックを愛用してきました。何をどこに収納するかも落ち着いて便利に使っていましたが、さすがに毎度同じ出で立ちだと飽きてきたので、今期メインに使うバッグ or ベストを検討することにしました。

いくつか実物を見て回りながら、最終的に選んだのはFoxfireTIEMCO)の新製品「ヒルトップ180」と「デブリパック」の組み合わせです。同社は、メインとサブのパックそれぞれに幾つかのバリエーションを用意し、ユーザーが好みのスタイルを選べるようにする「Tactical Tacking System」を打ち出していて、それを採用したシリーズ製品の1つという位置づけです。 続きを読む シーズン’16の釣行スタイル

シンプルなベスト ─Simple is Best─

移り気というか、一貫したポリシーがないというか、その時々で釣行時の好みのスタイルが変わってしまいます。昨シーズンは主に、スリングパックを使いました。その前の年は確か、ウェストパックで出かける機会が多かった記憶があります。

フィッシングベストは嫌いじゃないんですが、収納力に甘えて色んなモノを詰め込んでしまうんですよね。結果、重くなるし、必要なモノがサッと出てこないという弊害も。フライフィッシャー=ポケットだらけのベスト、というイメージから離れたいこともあって、ここ数年はベストから遠ざかっていました。 続きを読む シンプルなベスト ─Simple is Best─

今シーズンはスリングパックで

フィッシングベストを身に付ける場合、ついつい色々なものを詰め込んでしまうワタクシ。当然のことながら重くなるし、どこに何を収納したかをすぐに思い出せず、結果、行動が鈍重になってしまうという始末。

その点で、魅力的に感じるのが袈裟懸けタイプのスリングパック。ベストに較べて収納力はやや劣りますが、何と言ってもその軽快感は捨てがたいものがあります。 続きを読む 今シーズンはスリングパックで

ベストの準備とダイエット考

そろそろ解禁が近づいてきたので、少しずつ釣りの準備をしている今日この頃。毎年、シーズン当初は何かと忘れ物が多いんですよね。確か昨シーズンの初日はラインクリッパーを忘れ、フライを結び終わった後のディペットの処理に難儀した記憶が…。

とりあえずベストを着用するのを基本スタイルとして、まずここに必要不可欠なものを詰め込んでおくことにしました。冬の間しまっておいたベストに撥水スプレーを施して陰干し。一方で、別のケースに収納してあった小物類をテーブルに広げて、必要かどうかを吟味します。 続きを読む ベストの準備とダイエット考