Okaピンを再入手

前回、お気に入りの帽子を失くして再購入した件を書きましたが、解禁を前に買い直したものが他にもあります。

それは「okaピン」。プラスチック製ツイーザーの先端内側にフェルトが貼ってあって、ジェル(ペースト)状フロータントをフライに塗布する時などに何かと重宝するアイデア商品です。

岡本哲也さんプロデュースで、ピンセットのような形状から、その名が付けられたのでしょうか。随分前にサンスイで買って以降、いつもベストにぶらさげていたはずが、昨シーズンの秋口にふと気がづくとピンオンリールごと無くなっておりました。

これがOkaピンです。以前は赤を持っていたのですが無くしてしまいました

指先に取り出して適量をハックルやウィングに…というのが一般的なジェルフロータントの使い方なのでしょうけれど、ワタクシの場合はがさつで大雑把な性格が災いし、つい塗り過ぎちゃって本来の性能を引き出せなかったりするのです。

Okaピンの説明書

その点、okaピンのフェルトにあらかじめフロータントを染み込ませておけば、指先なんかよりきめ細かく、かつ、素早く対処できます。いちいちキャップを開けて絞り出す手間が省け、その分だけベスト等に余計なシミ汚れを作る可能性も低くなります(これは私だけの問題か…)。

使い慣れたものが無いのは心許ないので、シーズンが始まる前に入手しておきますか…と、あちこちのショップに立ち寄るたびに探してみたけれど、軒並み「Sold Out」あるいは「現在取り扱いなし」。今回もまた、欲しい時に限って見つからないってパターンかぁ。

この際、C&F DESIGNの「3in1 ツイーザー&スレッダー」(CFA-40)に細工して、似たようなものを作ろうか…。そんな考えも浮かぶ中、今一度ネットショップも丹念にチェックしてみると、やっと在庫している店を発見。すぐにポチッとやってゲットするに至りました。

先端のフェルト部分で適量をピンポイントに塗布できます

肝心なフロータントはどうなっているんだっけ、とベストやバッグのポケットをまさぐったら、いくつか出てきました。もっとも、残りわずかだったり、見るからに経年劣化してそうだったりと、これまた新調すべきものばかり。解禁を待ち焦がれる時期は、何かと物入りな時期でもあるのでした。

ベストのポケットから色々なジェル系フロータントが出てきたけれど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です