シマノもアクションカメラを発表

シマノさんもGoProのようなアクションカメラをリリースしました。モデル名は「CM-1000」。発売は今春(2014年4月)だそうな。

Shimano

主な使用はこんな感じ。

  • FOV(画角):180°, 135°
  • 記録メディア::Micro SD/SDHC class 6 以上(最大32GB)
  • ビデオフォーマット:MOV(H.264+PCM)
  • 動画記録モード:1920×1080 30fps, 18Mbps / 1280×720 120fps, 24Mbps / 640×360 240fps, 18Mbps
  • 連続撮影時間:約2時間
  • 外形寸法(幅×高さ×奥行):44.2×70.8×30.3mm
  • 重量(バッテリー及びレンズプロテクター含む):86g
  • 防水:IPX8(10m/2時間)
  • 防塵:IP5X
  • 通信:Wi-Fi / ANT+ など

最初にニュースを知った時、自転車愛好家をメインターゲットに据えた製品だと勝手に思い込んだのでありました。シマノといえば、世界に名だたる自転車パーツの高級ブランドですからね。

実際、省電力無線規格のANT+に対応しており、これはっていうと、スピードやケイデンス(クランク回転数)、心拍数などを計測するセンサー類によく使われています。サイクリング時の動画と、運動データを、まとめて管理するユニット+Webサービス/アプリなんかを展開するのではないかと。

これはこれで“あり”な話だと思うのですが、シマノの製品紹介サイトを拝見すると、釣りに軸足を置いたマーケティングメッセージの記載が…。

「10m防水仕様で86gの軽量ボディ。別売りのマウントを併用する事で釣りをしながらフルハイビジョン動画撮影が可能です。釣果が期待できる朝夕のマズメ時のような薄明かりでも撮れるF値2.0の明るいレンズを搭載していますので、興奮のファイトシーンを収めることもできます。もちろん水中撮影も可能だから、今まで見たことのない水中の様子も手に取るように分かります。釣りの新たな楽しみを生みだす防水ムービーカメラの誕生です。」

※上記が記載してあったページがあったのですが、何故か現時点では消えてしまいました…。

そうか。そうなんだ。だとしたら、今後、釣り人の心をくすぐるような派生製品だとか、アプリ/Webサービスなんかも色々出てくるのだろうか。現時点で公表されているアクセサリーは胸部固定用と頭部固定用のハーネスのみだけど、例えば、マウント付きランディングネットとか、ロッド用マウントとか!?

手元にあるGoProもまだ活用しきれていないのですが、何はともあれ、いろいろなメーカーが特徴ある製品を出してくれるのは歓迎すべきこと。競争原理が働けば、機能も磨かれるし、価格もこなれてきますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です