都留市を探索。

仲さんガッキーとどめに菅野美穂のトリプルショックをモロに喰らい、精神的に釣りになるかが危ぶまれた週末でしたが、この日は、いつも行く鹿留川付近の地域で新しいポイントの新規開拓をしよう!ということで、いくつか川を渡り歩きました。
取り敢えず情報収集。入漁券はのぼりの立っていた普通の民家で購入し、そこで地元の人の貴重なご意見を伺いましたが、柄杓流川に行きたかったのにいきなり鹿留川を勧められてしまったのは衝撃的でした
全体的に水量が少なかったのですが、雨が全然降っていないとのこと。お魚たちも、まだそれ程活性は高くなっていない様子。

 

柄杓流川

「ひしゃくながれ」か「しゃくながれ」か「しゃくながし」かよく判らなかったのですが、どうやら「しゃくながし」が正解の模様
集落に近いせいか、同じような環境の秋川に近い印象。特に先日の北秋川に雰囲気が似ていました。
木が多い感じで、夏場などは竿などの取り回しにちょっと苦労しそう。
ゴミが多いとの噂でしたが、思っていたほどはありませんでした。無かったとは言いませんが、ゴミを釣ることは無かったです。
通常装備でヤマメを1尾釣りました。

20130329-005856.jpg
大きくはないけど、ヒレは綺麗だったヤマメ。

 

大沢

細い山路を結構登っていったのですが、落ち込みが連続する渓相は何かを予感させるものが
近所のおじさん曰く、「イワナしかいない」そうなのですが、「大きいのはいないよ」とのこと。
流れ自体に高低差があり、岩だらけで移動はちょっと疲れます。そして何より、ここも木が多い。あまり広くない川幅に加えこの木の量は、季節によっては手強い相手となることでしょう。
こういう場所ではちょうちんに限ります。イワナを1尾釣りました。

20130329-005325.jpg
満足サイズのイワナ来た。

 

ニジマスポイント

昼食後、「覗いてみるか」程度の軽い気持ちでニジマスポイントへ。
雨が降っていないならニジマスが落ちてきている訳もありません。早々に退散。

 

鹿留川

そもそも鹿留川に以前程魚がいなくなったので新規開拓しようという話になったのですが、せっかく近くまで来たのだから、と行ってみました。
いつもならあまり行くことの無い下流の辺りで糸を垂れてみます。何となく魚影が見えたような気がしたのですが、やはりアタリも無く。
どうせ釣れないのなら、と、装備一式ドングリ隊長にお借りして、ついに私渓流でテンカラデビューいたしました。
勿論釣果はありません。

 

新しいポイント開拓と鹿留の状態の確認で都留市をうろうろとした一日。充実した一日でした。
新しいポイントは、広さとか綺麗さとかはさておき、渓相自体は結構好みな感じ。また行っても良いなと個人的には思っております。もう少し水量があって、もう少し釣れると良かったのですが。
鹿留川も、ドングリ隊長のレポートによれば復調の兆しありとのこと。そうなってくれると嬉しいのですが。良い川だけに。

結局トリプルショックの衝撃も、「釣りをしている間は釣りのことしか考えられない」の法則ですっかり忘れてしまっていましたとさ。めでたしめでたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です