今年最後の釣行でしたよ。

今年は諸々の事情により、最後の釣行は日曜日の日川になりました。
「日曜なら行けるよ」と言っていたブッダに合わせての設定に当の本人が来られないという些か残念な感じではありましたが、ともかく今季最後の釣行です。感慨深いものがありつつも気合いは充分、新しい仕掛けも用意して臨んだのですが、天気はパッとしない感じで今ひとつ。一抹の不安を覚えつつ日川へ向かいます。

特に渋滞も無く順調に現地に到着。おばさんにいつものご挨拶をして、いざ最後の釣りへ。
やはりヒレピン子は早い。早々に1尾釣り上げます。
しかしこの日は、いつもの日川ではありませんでした。
なんとなくいつも魚がいそうなポイントは押さえているつもりですが、どうもそこに魚がいる気配がまるでありません。ビチビチ君のアタリは何度か感じられたりするのですが、彼らもノリが悪い。
寒くなってきたせいなのかこのところの雨が祟ったか、あるいは前日の土曜にあらかた釣られてしまっていたのか。
1回アタリがあってもそいつは二度と来てくれなかったり、例によって揚げてくる途中でポトリと落ちたり(しかもチビ)、仕掛けがたくさん絡まって結局現場で2つも仕掛けを作るハメになったり。やはり天気に見合った通りの釣り内容。もがいてもなるようにしかならないので、そんな苦境を楽しみつつ。でもやっぱり釣りたいですよね。特に最後だと。

けれども、結局1日頑張って、釣れたのは10〜15cm程度のアマゴ数尾だけ。しまいには1尾5cmくらいのチビ助をスレ掛かりなんぞで揚げてしまいました。前回来た時には22〜23cmの良形アマゴ・イワナが釣れていただけに、この結果にはちょっとガッカリです。どうやら私だけでなく、隊長もヒレピン子もパッとしなかった様子でした。

「シーズン最後がこんなんかぁ」と気落ちしながらも、良いのが釣れないことは珍しいことでもないので、坊主じゃなかっただけ良し、ってことで気持ちを納めます。
今年も何事も無く釣りが出来たことに感謝しつつ、2015年のシーズンは中秋の名月とともに幕を閉じたのでした。
来年は頑張るぞ。

アマゴの写真
こんなちっちゃい子しか釣れませんでした。シーズン最後だというのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です